このページの先頭へ

食料科学研究部門

三方を海に囲まれ水産資源が多様かつ豊富な県であり、日本有数の食料供給研である青森県の特徴を活かし、食料科学研究部門では以下の研究を行っています。 ・農林水産物の機能性のモデル生物による探索およびゲノム情報科学による作用メカニズム解明、低・未利用資源の活用等を通した青森県産を中心とした農林水産物の安定生産、高付加価値化および商品化 ・北東北地域と道南地域の連携強化を促す「北日本 食の成長戦略」による地域振興のコーディネートを通した、世界に向けた北日本の農林水産物普及の核となる拠点形成活動  

旧 食料科学研究所のページへ

食品研究室(中井・永長グループ)

  • 青森県産を中心とした農林水産物/加工廃棄物等からの新規機能性探索及び機能性評価方法の確立
  • 農林水産物/加工廃棄物等の機能性実証
  • 高付加価値によるブランド化戦略

詳しくはこちら

水産研究室(福田・泉グループ)

  • 青森県沿岸各地(太平洋側・津軽海峡・日本海側・陸奥湾)を対象とした生物多様性の保全
  • 低・未利用資源(特産海洋生物)の探索・品種改良・種苗生産
  • 水産資源の増養殖と持続的生産
  • 水産資源の利活用と地域振興

詳しくはこちら

地域食料研究室(教員未配置により水産研究室が兼任)

自治体等との連携協定に基づき,地域振興に関する研究を推進する。

詳しくはこちら

国際食料研究室(教員未配置により水産研究室が兼任)

学術機関等との連携協定に基づき,「食」を通じた活力ある地域社会の形成と発展に関する研究を推進する。

詳しくはこちら

MENU