このページの先頭へ

風力・海洋エネルギー研究室(本田・久保田グループ)

本研究室の概要

 風力・海洋エネルギー研究室では青森県の地域的な特徴を活かして陸上および洋上風力発電や、海流・潮流発電に関する研究に取り組んでいます。「地域に根差す農業・漁業振興のための再生可能エネルギー利用技術」の研究開発を目的とし、エネルギーの電力変換や貯蔵とその利用、あるいはエネルギーの直接利用といった利活用方策が重要な開発要素と位置づけ、ポテンシャル調査から数値流体解析を用いた予測、エネルギーシステムの設計・制作・実証と包括的な取り組みを行っています。
また、地域貢献の視点からそれらの多くは地元との協同で取り組んでおり、現場のニーズを満足させるための技術構築と確立を目指し、さらには技術開発を題材とした教育研究を通じて、学生や社会人の人材育成推進にもして注力することを理念に活動を展開しています。

本研究室の研究対象

➢洋上/陸上風力発電所設置に係る各種取り組み
➢数値流体解析による風況予測に関する研究
➢ハイブリッド型再生可能エネルギーシステムにおける各種要素技術に関する研究
➢マイクロ~小型風車の基礎的研究
➢潮流発電地域実装のための流況計測やシステムの基礎的/実証的実験研究
➢軟磁性デバイスによるエネルギー・ハーベストに関する研究
※学部・修士研究として採用の予定テーマを含みます。
JPG for HP_JAP

メンバー

MENU