このページの先頭へ

若狭 幸(わかさ さち)


地形学、地理学を基にした地球熱利用のための総合的な研究をしています。

10-Be, 26-Alなどの宇宙線生成核種を用いた年代測定学的、地形学的、地球環境科学的解析やハイパースペクトル、マルチスペクトル、DEMを用いたGISやリモートセンシング、地形プロセス学全般を用いた研究を専門にしています。

野外に出て、地形を見る。地図を読む。採取した岩石や土壌、水を実験室で分析する。これらを基に、地熱開発地域の探査、温泉、地中熱などの熱利用研究、地熱開発地域の探査法の開発などを実施しています。自然や地理、外に出ることが好きな学生は歓迎します。ぜひ一緒に研究しましょう。

また、地域の皆様との熱利用、地理学・地形学的手法を用いた共同研究・開発、エネルギー関連や地理学関連(例えば野外巡検、防災教育など)の生涯教育、小中高等学校への出前講義などの相談も対応します。

最近のアクティビティ↓

E-Mail: wakasa<a>hirosaki-u.ac.jp
Tel: 017-762-7294

専門: 地形学, 地理学, リモートセンシング, 年代測定学

学歴 :

  • 筑波大学博士一貫課程生命環境科学研究科地球環境科学専攻修了
  • 筑波大学第一学群自然学類地球科学専攻卒業

職歴:

  • 2019年4月-現在 弘前大学・地域戦略研究所・助教
  • 2015-2019年 秋田大学国際資源学研究科・特任助教
  • 2011―2013年 筑波大学生命環境系・特任助教
  • 2010―2011年 筑波大学陸域環境研究センター・準研究員
  • 2007―2007年 産業技術総合研究所・テクニカルスタッフ
  • 2006―2007年 国立歴史民俗博物館・研究部・科研費支援研究員
  • 2004-2006年 日本学術振興会・特別研究員(DC2)

所属学会:

  • 日本地熱学会
  • 日本地理学会
  • 日本地形学連合
  • 東北地理学会
  • 資源・素材学会
  • 日本地学教育学会
  • 日本地球惑星科学連合

受賞歴:

  • 2009年5月 東北地理学会研究奨励賞
  • 2015年12月 秋田大学優秀女性研究者
  • 2016年10月 女性研究者支援コンソーシアムあきた賞

その他,業績等はこちらから

(25, Dec. 2019 update)

 

 

 

 

 

 

 

MENU