このページの先頭へ

地球熱利用総合工学研究室(井岡・若狭グループ)

About:

地球熱利用総合工学研究室では、積雪寒冷地域である北日本の豊富な地熱、温泉、地下水資源について電力・熱エネルギー需要を満たすための資源探査、資源量評価、発電・熱利用、利用影響評価に関する研究を実施しています。

Our Mission Statement:

地球熱利用総合工学研究室では、研究、教育、アウトリーチ活動を通じて、地熱資源の持続可能な利用を支援しています。

 

People:

教授 井岡聖一郎
・研究分野:水文地球化学、地熱探査、熱水&地下水利用

助教 若狭幸
・研究分野:地形学、地熱地形学、リモートセンシング

弘前大学 特別顧問、地域戦略研究所 客員研究員 村岡洋文
・研究分野:地熱地質学、地熱資源評価、温泉発電、地熱カスケード利用

Recent peer-reviewed publications:

‡ = student

2021 Ioka, S., Onodera, S., Saito, M., Rusydi, A.F., Bakti, H. and Wakasa, A.S. Species and potential sources of phosphorus in groundwater in and around Mataram City, Lombok Island, Indonesia. S.N. Applied Sciences, 3, 27.

2020 Wakasa, A.S., Marincović, V., Takeda, T., Kurihara, J., Đurđevac Ignjatović, L., Urosević, T. and Kovacević, R. Investigation of contaminated soil formed at river bank located downstream of mines. Thai Environmental Engineering Journal, 34 (3), 1-9.

2020 Wakasa, A.S., Takeda, T.,Marincović, V. and Hirosa, K. Jarosire distribution maps based on the Sentinel-2 image band calculations  and jarositre abundance analysis in the Bor ining area, Serbia. Environmental Earth Sciences, 79(12), 307.

2019 Rusydi, A.F., Saito, M., Ioka, S., Maria, R. and Onodera, S. Estimation of ammonium sources in Indonesia coastal alluvial groundwater using Cl and GIS. International Journal of Geomate, 17(62), 53-58.

2017 Ioka, S., Muraoka, H. and ‡Suzuki, Y. Redox potential of shallow groundwater by 1-month continuous in situ potentiometric measurements. Applied Water Sciencene, 7(6), 3095-3101.

2017 ‡Suzuki,Y., Ioka,S. and Muraoka,H. Geothermal resource exploration by stream pH mapping in Mutsu Hiuchi Dake volcano, Japan. Energies,10(7),1009; doi:10.3390/en10071009.

2019 井岡聖一郎・町田功.青森県藤崎町における深度10m以浅地下水の硫酸還元反応に関連した化学種の水質調査.日本水文科学会誌,49(2),107-116.

2018 村岡洋文.地熱資源探査開発分野における地下水学への期待.地下水学会誌,60(4),463-474.

2018 村岡洋文・井岡聖一郎・‡鈴木陽大.2008年岩手・宮城内陸地震の余震起源と推定される鬼首カルデラ東部内縁における沸騰噴泉の発見.日本地熱学会誌,40(3),175-191.

2018 井岡聖一郎・村岡洋文・柳澤教雄・杉田創・佐々木宗健・宮越明暢・佐藤真丈・大里和己.地すべり対策集水井を利用した新潟県十日町市松之山光間地区における温泉流出量の評価.地下水学会誌,60(4),511-516.

2017 ‡松田雅司・‡鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文.北八甲田火山群,新湯断層周辺における地熱熱水の化学特性と貯留層温度の評価.日本地熱学会誌,39(2), 73-79.

Books:

2017 Muraoka, H. Geothermal Energy. Chen, W.-Y., Suzuki, T., Lackner, M. (Eds) Handbook of Climate Change Mitigation and Adaptation. Springer-Verlag New York. pp.2057-2084.

2012 Muraoka, H. Geothermal Energy. Chen, W.-Y., Seiner, J., Suzuki, T., Lackner, M. (Eds.) Handbook of Climate Change Mitigation. Springer-Verlag New York. pp.1325-1353.

2011 Goldstein, B., Hiriart, G., Bertani, R., Bromley, C., Gutiérrez‐Negrín,L., Huenges, E., Muraoka, H., Ragnarsson, A., Tester, J., Zui, V. Geothermal Energy. Edenhofer, O., Pichs‐Madruga, R., Sokona, Y., Seyboth, K., Matschoss, P., Kadner, S., Zwickel, T., Eickemeier, P., Hansen, G., Schlömer, S., C. von Stechow (Eds), IPCC Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigation.Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA. pp.401-436.

2020 井岡聖一郎.地熱エネルギーと地中熱.『農業食料工学ハンドブック』,コロナ社,pp.166-168.

2017 村岡洋文.地熱エネルギー.『再生可能エネルギーで地域を変える』,弘前大学出版会,pp.37-46.

2017 井岡聖一郎.地中熱利用.『再生可能エネルギーで地域を変える』,弘前大学出版会,pp.47-55.

2016 村岡洋文.下北半島は地熱資源の宝庫(p.25).『下北ジオパーク構想ガイドブック』,下北ジオパーク構想推進協議会,92p.

2014 村岡洋文.2.3.3広域資源量評価(容積法).日本地熱学会編『地熱エネルギーハンドブック』, オーム社,923p, 261-269.

2014 村岡洋文.9.1わが国における地熱開発の今後の将来予測.日本地熱学会編『地熱エネルギーハンドブック』, オーム社,923p, 834-839.

2011 村岡洋文.第2章第3節東日本の地熱開発.『地熱発電の潮流と開発技術』,サイエンス&テクノロジー,465p,73-84.

2011 村岡洋文.第3章第1節熱源分布調査の概要.『地熱発電の潮流と開発技術』,サイエンス&テクノロジー,465p,125-137.

2011 井岡聖一郎.単語分担執筆,公益社団法人日本地下水学会編集『地下水用語集』,理工図書,143p.

2010 村岡洋文.全国の地熱資源の分布と評価.電子材料,別冊『再生可能エネルギーの全て』,工業調査会,126-133

MENU